私のオリーブオイル使い方・冷やしうどんにかけるだけで栄養プラス

エキストラバージンオリーブオイルの使い方・かけるだけで栄養プラス。夏の食卓に登場しがちな素麺や冷やしうどんは麺つゆと薬味だけとシンプルになりがち。

冷やしうどんにオリーブオイルをかけて栄養をプラスして夏バテ防止しませんか。今回は冷しうどん+オリーブオイルを紹介します。

冷しうどんとオリーブオイル

【コンテンツ】

麺つゆと薬味だけになりがちな冷しうどんを栄養たっぷりに

夏は冷たくしたうどんや素麺が美味しいですね。では、冷やしうどんや素麺をどうやって食べますか。

暑いし、他に準備するのも大変。麺つゆと薬味だけで済ます方が多いのではないでしょうか。

キュウリやトマトなど切っただけで食べられる野菜はあっても、エネルギーを補うには少々不足ですね。

毎日毎日こんなさっぱりメニューだと、お腹が空いて間食をしてしまうし、夏こそしっかり食べておかないと夏バテの原因になります。

こんな時に、オリーブオイルをひと回しかけると、栄養プラスになって腹持ちも良くなります。

エキストラバージンオリーブオイルが脂溶性ビタミンの吸収をアップ

暑い夏に料理するのは大変です。キッチンに立つのも気が進みません。うどんや素麺を茹でて汗だくになることも。

だから料理は簡単に済ませたいですよね。でも栄養は摂りたい。

冷やしうどんを食べるなら、私のお勧めは夏野菜をたっぷり乗せること。切るだけでいい野菜なら簡単です。

我が家は家庭菜園をしているので、山のような大葉が採れ、この機会にたっぷりと乗せます。てんこ盛りです(^^)v

有り難いことに無農薬・無化学肥料だからできることです。お店で買う方は大葉の農薬はとても多いと聞くのでそこそこに。

そして他の野菜をいろいろを乗せるとそれだけで豪華なメニューになりますね。

但し、ここで満足してはいけません。お野菜に含まれるビタミン類をちゃんと体の中に吸収させたい。

だから食べる時にエキストラバージンオリーブオイルをかけてください。結構たっぷり♪

オリーブオイルをかけるとトマトや大葉など緑黄色野菜のβ-カロテン(ビタミンA)の吸収が良くなります。

オリーブオイル自体にも抗酸化ビタミンが含まれているし、ポリフェノールやオレイン酸がさらに抗酸化作用を発揮してくれます。

夏の紫外線が気になる方は積極的にかけるといいですね。

さらに良いことに、一回の食事にしっかりと栄養を入れとおけば、無駄な間食をしたくなくなります。

そして香りのいいエキストラバージンオリーブオイルだとかける時にフワッと香って幸せな気分になります(^^)


冷しうどんにオリーブオイルかけるだけレシピ

 ?
お好きな太さのうどん
・大葉やネギ、生姜などのお好みの薬味
・トマトやキュウリなどのお好みの野菜
・エキストラバージンオリーブオイル
・麺つゆ(手作りならもっといいですね)

ひと言

エキストラバージンオリーブオイルは必ず本物のオリーブオイルを選んでください。そのままかけるので、欠陥オイルだと美味しくないし、かえって体にも良くありません。

オリーブオイルはお料理の栄養価を上げる使い方として上手に利用して、健康を維持しましょう。

無農薬野菜とオリーブオイル



Tag: エキストラバージンオリーブオイル オリーブオイルかけるだけ おすすめオリーブオイル 抗酸化 ビタミンA


a:96 t:1 y:1