私のオリーブオイル使い方・美味しい料理♡トマトのブルスケッタ

エキストラバージンオリーブオイルの使い方・美味しい料理レシピシリーズ。

今回はパーティのおつまみや前菜やお客様のおもてなし料理の一品に最適!トマトのブルスケッタの紹介とレシピです。

トマトのブルスケッタ

【コンテンツ】

トマトのブルスケッタ

真っ赤で美味しそうなトマトが目に付いたらトマトのブルスケッタはいかがでしょう。

ブルスケッタとは、カリッとトーストしたバゲットにニンニクを擦り込んでお好きな具材を乗せて食べるイタリアの軽食の一つ。

あらかじめ下準備しておけばさっと作れて、赤いトマトが食卓を華やかにしてくれます。

パーティのおつまみや前菜や、お客様のおもてなし料理の一品としてワインとともに。

朝食にもさっと食べられて栄養価が高いのにでお勧めです。


トマトのブルスケッタ 材料

 トマト 2個
 中玉ねぎ 1/4個
 エキストラバージンオリーブオイル 大さじ1
 バジルやディルなどのハーブ
 塩 小さじ1/2
 粗挽き黒胡椒 少々
 バケット
 ニンニク

トマトのブルスケッタ 作り方

① 玉ねぎはみじん切りか薄切りにして水に数分さらし、キッチンペーパーで水気を切る。辛みが抜けシャキッとします。

気にならない方は水にさらさなくてOK。その場合、玉ねぎは繊維を断ち切るように切ると辛みは抑えられます。

② トマトは1cm角に切る。バジルなどのハーブも飾り用を残して細かく刻む。

③ 玉ねぎ、トマト、バジル、塩、コショウを混ぜ合わせて、冷蔵庫で冷やしておく。

トマトのブルスケッタ
★ここまでしておくと、あとはタイミングを見て完成を。

④ スライスしたバゲットをこんがり焼き、ニンニクをこすりつける。

トマトのブルスケッタ

⑤ 冷やしておいたトマトを乗せる。食べる直前にするとパンのサクサク感は残ります。

⑥ 飾り用のハーブを乗せ、さらにエキストラバージンオリーブオイルをかける。

もっと簡単に玉ねぎ無しでトマトとハーブだけにしたり、キュウリとエビやタコのマリネを乗せたりと、

自由にオリーブオイル(+ホワイトバルサミコ酢やワインビネガー)と塩・コショウでマリネしておくと簡単に作れます。

トマトのブルスケッタ


ひと言

トマトの水分が気になる場合は種の部分を取ったり、ザルにあけて水気をしぼってくだい。

私は種の部分が好きだし、取る作業に手間がかかるので、そのまま混ぜてしまいます。

ブルスケッタに乗せる時に、水気がなるべく入らないようにバゲットに乗せます。

残ったトマトマリネはパスタに混ぜたり、トマトソースやスープの一部にしたりして使いましょう。

【番外編】おすすめエキストラバージンオリーブオイル

トマト料理に合うのはトマトの美味しい産地のオイル。シチリア産のトンダイブレア種はオリーブオイル自体に青々しいトマトの香りがします。

ハーブの辛みもあるので、トマト料理を引き立ててくれます。

トンダイブレア種

無農薬野菜とオリーブオイル

Tag: エキストラバージンオリーブオイル オリーブオイル活用 家庭菜園 無農薬野菜 トマト リコピン βカロテン ビタミンE 抗酸化

a:69 t:1 y:1