冬の家庭菜園 葉野菜を守る我が家の虫食い対策

色鮮やかな夏野菜と違って冬の野菜はどちらかというと地味。そして葉野菜が多くなりますね。葉野菜で困るのは虫対策。放っておくと葉っぱが虫食い、穴だらけのレース状に。一気に食べる気が失せてしまいます。

農薬を使いたくない。でも虫は大嫌い!そこで、今回は、できるだけ葉をキレイに食べるためにしている我が家の虫食い対策をお伝えします。

冬の家庭菜園

【コンテンツ】

家庭菜園で作る我が家の冬野菜

我が家は自宅から少し離れたところに菜園を借りています。メインの野菜類はそちらで育てていますが、自宅の庭にも小さな畑やプランターでいろいろ育てています。果樹やハーブも少しあります。

上の画像が今冬の自宅の庭です。

こんな小さな庭でも果樹はまだ背の低いオリーブ、レモンが植わっています。

オリーブの木

レモンの木

他にイチジクの木もあります。パッションフルーツも秋咲きの実をつけています。

野菜では、今年は小松菜、ブロッコリー、ネギくらいですが、ちょっと植えておくと、これがとても便利。欲しい時にすぐ採って料理に使えます。

緑の野菜は料理の彩りに重宝します♪緑があるだけで美味しそうに見えますね。しかも採りたて!新鮮も新鮮!!無農薬で安全!

庭でも、借りている畑でも、必ず必要なのが虫対策!毎日虫取りをすれば防げるかもしれませんが、そんな時間はない。すぐ前の庭でさえも。

まして1週間に1度、仕事が休みの日に様子を見に行く離れた畑では虫対策が必須になります。

私は特に虫が苦手なので、できれば見たくもない。でも農薬はもっと嫌。そこで私ができるだけ虫に出会わない対策(笑)を夫にしてもらっています。

家庭菜園の葉野菜を虫から守る方法

私の大嫌いなにょろにょろ系の虫に出会わないようにするには、葉に卵を産めないようにするのが一番。

それは不織布などをかぶせておく方法です。これ、簡単で意外と効果ありです♪

庭の小松菜です。

小松菜 

小松菜

ブロッコリーも。

ブロッコリー

ブロッコリー

 →栄養満点の冬野菜!スティックブロッコリーの長さを活かした料理

正直収穫する時に面倒ですが、虫と遭遇することを考えると、なんてことありません(笑)。収穫もほとんど夫ですが(笑)

庭だけでなく借りている菜園の野菜たちも同じ。全てを防げるわけではありませんが、こうやっておくと人参や大根の葉も無農薬できれいなまま使えますよ。

借りている菜園から収穫してきた人参と大根です。

人参と大根

虫は嫌だけど新鮮で栄養たっぷりの野菜を食べたいという私の願いからですが、料理するのは私。料理時に気持ち悪い虫が出てきたらぞっとしますよね。

野菜急騰!家庭菜園の冬野菜が食卓を助ける

天候不順などで収穫量が減り、市場では野菜の値段が高騰する時がありますね。野菜が高い!緑の野菜を高く買えない!と、この冬も知人たちが言っていました。

こんな時は家庭菜園はありがたいと思うのです。実際、野菜を買うことがほとんどないので、売られている野菜の値段が高いことも知らずに過ごしています。

間引き菜

虫食い対策をしているおかげで、秋ごろから間引き菜を収穫し、
成長した大根葉もキレイ。緑の野菜確保♪採れる時に洗って刻んで冷凍したり、油炒めして冷凍しておくと料理にさっと使えます。

大根、ニンジン、、、同じ種類のものばかり食べることにはなりますが、大地の恵みです。感謝していただきます。

 →捨てるのはもったいない!人参葉の栄養と美味しい料理の使い方

まとめ

小さな庭やプランターを置くスペースがあれば、野菜を作ることができます。ちょっと作っておくと、とても便利。冬に野菜の値段が上がった時でも食卓が彩りよくなるので重宝します。

綺麗に育てるためにはちょっとの手間を惜しまず、不織布などで虫食い対策してはいかがでしょう。


a:60 t:1 y:1