春になると北半球のオリーブオイル新油が届き始めます

北半球ではオリーブの収穫は秋。秋に収穫したオリーブをすぐに搾油し、フィルターにかけたのちにタンクに保存して沈殿。

その上澄みを瓶詰して、やっと商品になります。日本には2~3月、春の訪れとともに『オリーブオイルの新油』としてやってきます。

今回はオリーブオイル・新油についてです。

オリーブオイル新油

【コンテンツ】

オリーブオイルの新油とは

オリーブの収穫は北半球では秋に始まります。早い地域では9月から。11月頃に収穫するところもあります。

収穫して搾ってすぐに瓶詰されたものは搾りたてオリーブオイル『ノヴェッロ(ヌーボー)』として販売されます。
  ワインだけじゃない、オリーブオイルにもヌーボー(ノヴェッロ)がある

通常のオリーブオイルは、搾ったできたオイルを、フィルターを通した後、ステンレスタンクで2~3か月保存します。

その間に不純物が沈殿し、透き通った上澄みオイルだけを瓶詰して、出荷されることになります。

最初に瓶詰されて販売されるオイルを『新油』と呼んでいます。

オリーブオイル『ノヴェッロ(ヌーボー)』との違い

搾りたてのオリーブの新鮮な風味と栄養を楽しみたいなら『ノヴェッロ』は最高です。

何故なら、摘みたてのオリーブの香りが高く、風味がとてもいい。しかもオリーブ実に含まれるポリフェノールや栄養分が高いのが特徴。

それだけ新鮮♪ただし、そういう栄養成分はオイルを早く劣化させてしまいます。なので、長期保存には向きません。

なので生産者は予約を取って限定数のみしか『ノヴェッロ』を生産しないし、初めから作らない生産者も多くありません。

通常は長い期間保存できるように沈殿という期間を設けます。栄養成分や不純物を沈殿させてから瓶詰するのです。

そうすることで、1年6か月~2年保存ができるオリーブオイルとなります。

沈殿させて瓶詰された最初のオイルを新油と呼んでいます。
(ノヴェッロを新油と呼ぶこともありますが、搾りたてという方が紛らわしくないかもしれません)

ノヴェッロ以外でポリフェノールや栄養分が高いのはこの新油。

月日が経つうちに、だんだん少なくなっていきます。色は、もしそのオイルが緑色だったら、黄金色に変わっていきます。



値引きのオリーブオイルは要注意

輸送・税関の手続きを経て、インポータさんに届くのが2月から3月。つまりオリーブの収穫が始まってから半年後。

新油が入荷するころ、量販店では前年度のオイルを値下げするところが増えてきます。

以前にも書きましたが、オリーブオイルは新鮮なものが美味しいのです。間違っても熟成はしません!!

お得だからと購入するのは要注意。信頼あるところで買わないと、そのオイルは酸化して不味いオイルになっているかもしれません。

酸化してオイルはかえって体に良くないものです。気を付けて選んで欲しいと思います。

有難いことに、取引をしているインポーターさんからお試し品として、新油を送っていただくことがあります。

オリーブオイル新油

春の収穫野菜にどれを使うかとか、講座やイベントで紹介するオイル選びの参考になります。

まとめ

収穫年の最初にできるオリーブオイルが新油。ノヴェッロとは違いますが、こちらもとてもフレッシュです。

長期保存ができるので、ノヴェッロよりは使いやすいでしょう。春に購入するなら古いオイルではなく、是非新油を♪

無農薬野菜とオリーブオイル



Tag: エキストラバージンオリーブオイル ノヴェッロ ポリフェノール 新油



a:218 t:1 y:0