春の家庭菜園 育てやすくあったら嬉しいハーブやサラダ野菜

春は家庭菜園の野菜にとって、待ちわびた暖かい太陽の光を浴びて育つ時期。ハーブや野菜の種を蒔いたらすぐに芽が出て育ちます。緑が広がっていく庭を見ていると気持ちがいいですね。今回はサラダ野菜にあったら便利なおすすめハーブや春野菜を紹介します。

春のサラダ野菜

【コンテンツ】

家庭菜園で作る便利なハーブと春野菜

春は気持ちいい!色とりどりのお花もいいけど、お野菜にとっても気持ちのいい季節。種を蒔いたお庭の野菜たちは芽が出ると、明るい太陽のおかげで一気に大きく育ちます。お花も綺麗で好きですが、食べられるものを育てると、食卓が彩りよくなって私にとっては嬉しい限りです。

今年はサラダ野菜になるハーブの種をいろいろ蒔いてみました。たくさん芽が出てきたので、間引きながら毎日のサラダに重宝しています。

離れたところに借りている菜園では不便なので、ちょっとあったら便利なハーブ野菜は自宅前に植えておくことをおすすめします。夏野菜ほど茂らないし、丈の短い緑のハーブ野菜たちで彩られた庭は癒されます。

少しでよくても種を蒔くので全部芽を出すと実際にはかなりの量を収穫できてしまいます。せっせと間引いて、お料理に使っています。

サラダに欠かせないボリュームたっぷりのサニーレタス

サニーレタスはひだがあるので、一株収穫したらかなりのボリュームがあります。目の前の家庭菜園で育てると、必要な時に必要な枚数をちぎって使えます。放っておくとまた葉が育つので、とても便利です。冬に植えていたブロッコリーの端で育てています。

サニーレタス

葉のひだの間から大嫌いな虫が顔を出すとびっくりさせられて嫌なので、不織布をかけています。これでかなり安心ですよ。時々ナメクジがついているので、ギョッとしますが、、、。

暖かくなると一気に育ってくるので、毎日のようにサラダを食べても追いつきません。嬉しい悲鳴ですね~。

サラダにあると便利なハーブ野菜

サニーレタスだけではなんとなく味気ないし、お友達の話などを聞いてハーブ野菜を植えてみました。

冬の家庭菜園でキクナや小松菜を地植えしていた場所にはイタリアンパセリとラディッシュ。
イタリアンパセリ&ラディッシュ

新にプランターでルッコラとディル。
ルッコラ&ディル

収穫したら洗ってお皿に盛るだけでサラダの出来上がり。辛みや苦味が効いた大人のサラダです。この春野菜の辛味のあるフレッシュサラダには、美味しくてちょっとスパイシーなエキストラバージンオリーブオイルとミネラルたっぷりの天然塩のみでOK。お野菜の味がしっかり味わえて、身体の中がキレイになる気がします。

 →イタリアンパセリの栄養と大量消費できる料理方法
 →ラディッシュの栄養と無農薬で育てるからこそできるワイルドな料理&食べ方
 →ルッコラの栄養と簡単過ぎる美味しいハーブ料理♪ルッコラのサラダ

スイーツを作った時の飾りに重宝するレモンバーム。ミントもどこかにあるはず。
レモンバーム

ハーブ類は少しのスペースでOKなので、小さくても目の前のお庭でいろいろ作っておくと、新鮮で安心なものがすぐに手に入って便利です♪

実際ハーブにはそれぞれ、健康によい栄養素や気持ちを和らげる作用などがあるそうです。そういう効果を調べてみるのもいいかもしれませんね。

私はお庭のハーブでハーブオイルも作ります。
 → 私のオリーブオイル使い方・美味しい料理♡手作りハーブオイル

その他、家庭菜園で育てる春野菜

他にも庭には甘くておいしいスナップエンドウ。冬から継続中のブロッコリー。借りている菜園からは新玉ねぎも。新鮮なサラダ野菜で食卓はいつもいっぱい。野菜ばかり食べることになりますけど。
スナップエンドウ&新玉ねぎ

その他に和食に欠かせないネギ。お隣のお庭からやって来て勝手に育つフキも。
ネギ&フキ

 →スナップエンドウとエキストラバージンオリーブオイルで簡単料理

まとめ

本当はお花を育てると春のお庭がキレイなのでしょうけど、花より団子派。というか、お花はお手入れが苦手で上手に育てることができず、だんだんお野菜の比率が多くなり、ほとんど家庭菜園になってしまいました。

私のようにお花のお世話が苦手だから野菜を育ててみよう!という初心者の方には小さなハーブはおすすめです。プランターに種を蒔いてたくさん芽が出たら、少しずつ間引いてサラダやお料理の彩りに。もちろん無農薬で採りたてなので栄養たっぷり。是非お試しを。

無農薬野菜とオリーブオイル



Tag: 家庭菜園 無農薬野菜 ハーブ ルッコラ イタリアンパセリ ラディッシュ サニーレタス ディル スナップエンドウ レモンバーム ミント


a:414 t:2 y:2