赤ちゃんの離乳食から大人まで、オリーブオイルがもたらす健康効果とは

太るからという理由で油控えめになっていませんか?
油(脂質)は体に必要な三大栄養素の一つで、必ず摂らないといけないものです。油は血管を強くします。必要だからこそ何でもいい訳ではなく、健康のために良質の油を摂るようにしましょう。

オリーブオイルが健康にいいと聞いたことがあると思います。では誰に、どんな健康効果があるのでしょう。実はオリーブオイルは大人はもちろん、赤ちゃんの離乳食にも使える油です。

今回ははエキストラバージンオリーブオイルが赤ちゃんから大人の健康にどのような効果があるかをお伝えします。

赤ちゃんの離乳食

目次

オリーブオイルの消費が多い地中海諸国の人々は心臓病の死亡率が少ない

オリーブは地中海沿岸が原産地で、その周辺諸国では古くからオリーブオイルが作られました。その歴史は古く、メソポタミアやエジプト、ギリシャなど古代文明が栄えた頃にはすでにオリーブオイルを料理や薬として使っていたとされる記録が残っているそうです。

地中海沿岸に住む人々は油の摂取が多いにも関わらず、心臓病や動脈硬化による死亡率が少ないのは、油はオリーブオイルを使っていたからだということも研究で分かっています。実際に私たち日本人からすると驚くほどの量のオリーブオイルを日常的に使っています。

私はネット動画でスペイン人女性がオムレツを作るシーンを見たことがあります。驚きました!揚げ物でもないのにフライパンになみなみとオリーブオイルを入れ、そこに卵を流し込んだからです。できたオムレツは美味しそうでした^^

今では私も調味料のように何にでもオリーブオイルをたっぷりかけ、オムレツや炒め物にもかなりの量を使いますが、全く比になりません(^_^;)

では何故オリーブオイルが健康によいと言われ、オリーブオイル消費が多い国の人々は心臓病や動脈硬化が少ないのでしょう。

エキストラバージンオリーブオイルはオイルの中でも最も酸化されにくいオイルと言われていますが、その訳はオリーブオイルの主成分であるオレイン酸にあります。

オレイン酸は抗酸化作用の優れた成分です。このオリーブの実を精製をせず、ただ搾っただけのバージンオイルはそのままオレイン酸が豊富に残っています。

その他ビタミンやポリフェノールなども残っているのでこれらの抗酸化成分が、私たちの体の中で病気や老化の原因となる活性酸素の働きも抑えてくれるという訳です。

バージンオリーブオイルの中でも最高品質であるエキストラバージンオリーブオイルはオリーブ自体の風味が豊かに残っているだけでなく、健康成分も多く残っており、オリーブオイルを使うならエキストラバージンオリーブオイルを選んだ方がいいのです。

 →エキストラバージンオリーブオイルとは?ピュアオリーブオイルとは種類が違う。その違いとは?

赤ちゃんの離乳食にオリーブオイル

赤ちゃんにオリーブオイルを食べさせるの!?って驚きかもしれませんが、イタリアでは昔から離乳食にオリーブオイルが使われ、世界の他の国々でも、乳児にオリーブオイルを摂ることを推奨されているそうです。

オリーブオイルは赤ちゃんの脳の発達に良いと言われており、それはオリーブオイルが母乳の脂肪酸の組成と似ているからです。

どんどん成長する赤ちゃんの脳の発達には脂肪は不可欠。特にそのバランスは重要。脂肪酸のバランスが崩れると脳組織の発達に影響が出ます。必要な脂肪酸とはリノール酸とα-リノレン酸ですが、母乳とオリーブオイルはこの二つの脂肪酸のバランスが似ています。

離乳食に移行した赤ちゃんにバラスンの良い脂肪酸を与えるならオリーブオイルが理想的ということになりますね。しかも前に述べたようにオリーブオイルのオレイン酸は抗酸化成分豊富。乳児の胃腸にもやさしく、良い脂肪を摂ることが将来の健康につながります。

オリーブオイルには風味がいろいろありますから離乳食に使うなら、刺激の強くないマイルドな味わいのオイルがお勧めです。

できればママの食事が影響する妊娠中や授乳中にも、ママが積極的にオリーブオイルを摂るようにすればママにも産まれてくる赤ちゃんにも両方にメリットがあるのではないでしょうか。

成長期の子どもや女性の骨を健康にオリーブオイル

オレイン酸はカルシウムの吸収を促進しビタミンDの運搬を助けるので骨組織を健康にしてくれます。

女性の骨粗しょう症予防や成長期の子どもの骨発育のために、オリーブオイルを普段の食事に使うようにすればいいでしょう。

お酒を飲む機会の多いサラリーマンの二日酔い予防にオリーブオイル

オリーブオイルは油なのに胃もたれを防ぎ、お酒飲む前にオリーブオイルを飲んでおくと二日酔い防止でくれるのをご存じですか。

トルコなどのオリーブオイル生産国では昔からお酒を飲む前にはオリーブオイルを飲んでおくと二日酔いにならないと伝えられてきました。地中海諸国ではワインを水代わりのように飲みますよね。それでも平気なのは、オリーブオイルのおかげかもしれません(^^)

オリーブオイルは
 胃に負担をかけず
 腸での消化・吸収を助け
 肝臓の機能を強化
してくれます。

お酒を飲む予定がある時、事前にオリーブオイルを大匙1杯飲んではいかがでしょうか。

病気予防・アンチエイジングしたい全ての人に

オリーブオイルそ心臓疾患だけでなく、他にも生活習慣病、アルツハイマー、女性特有の癌などいろいろな病気に対する健康効果も期待されています。

例えば

★血液に
オリーブオイルは血液の流れを良くし、血糖値上昇を抑える効果があるので脳梗塞や動脈硬化を防ぎます。

★コレステロールに
オリーブオイルは悪玉コレステロール値を下げ、善玉コレステロールを減らさずその働きを高めます。コレステロール値が気になる方、悪玉コレステロールを減らしたい方には他の油より、積極的にオリーブオイルを摂るといいですよ。

私はオリーブオイルが大好きなので、もっともっと研究が進んでその効果を証明されるのを期待します。最後に、実際我が家で起こった嬉しい出来事を報告。

 夫の悪玉コレステロール値がぐっと減りました

悪玉コレステロール減る

オリーブオイルを積極的に食べ出してから1年後の夫の健康診断の結果です。右が1年前、左が今回です。悪玉コレステロールが149→118になっています\(◎o◎)/!

 →悪玉コレステロールが減った!オリーブオイルの健康効果

まとめ

主に地中海沿岸諸国で赤ちゃんから大人まで日常にオリーブオイルが使われてきました。オリーブオイルは抗酸化作用が強く、たくさんの健康効果が報告されていますが、まだまだ研究は途上。今後もいろいろな効果が期待されます。

油の摂取は体には必ず必要です。できれば体に良いと言われる油を摂りたいものです。

ここに書いたことは、私が大好きなオリーブオイルのことを勉強していくうちに得た知識の一部です。医療に携わる者ではないので、間違った理解をしているかもしれませんし、研究は常に更新されます。

オリーブオイルは美味しいだけでなく健康効果があってラッキー!という一石二鳥のような感覚でこの記事を参考程度にしていただければ幸いです。


a:32 t:1 y:1