栄養満点の冬野菜!スティックブロッコリーの長さを活かした料理

寂しくなりがちな冬の家庭菜園で育てるなら、おすすめ冬野菜はブロッコリーでしょう。ブロッコリーの中でも我が家が育てているのは茎の長いスティックブロッコリー。一般的な丸い形ではなく、茎の部分が長く、先に小さめの花蕾。スティックブロッコリーの他に茎ブロッコリー、スティックセニョールと呼ばれます。

市販されているものは茎がもっとちゃんと長いようです。素人家庭菜園育ちの我が家のブロッコリーの茎は長いのやら短いのやらいろいろ。そこはご愛嬌で。

おすすめなのには訳があります。スティックブロッコリーは普通のブロッコリーと一緒でビタミんCなど栄養満点!風邪が流行る冬には是非食べたい冬野菜です。そして、なんと言っても、料理が簡単過ぎる♪主婦には嬉しい嬉しい野菜なのです。

そこで今回はブロッコリーの栄養と簡単料理の方法をお伝えします。

スティックブロッコリー

目次

ブロッコリーの栄養効果

ブロッコリーは年中スーパーで見かける野菜ですが、旬は11月~3月の冬の野菜です。
我が家は9月頃に自宅の庭でポットに種を蒔き準備をします。

芽が出てきていますね。可愛い(^^) もう少ししっかりしたら畑に植え替え。もちろん無農薬、化学肥料無しで育てます。
ステッイクブロッコリー種蒔き

1月にはこんなに大きくなって収穫可能に。
普段は蝶々が卵を産まないように不織布をかけています。
  参考→ 冬の家庭菜園 葉野菜を守る我が家の虫食い対策
スティックブロッコリー

ブロッコリーはアブラナ科なのでキャベツと同じ仲間。キャベツと同様ビタミンCが特に豊富。他にもたくさんの栄養成分が含まれていていますよ。

ブロッコリー ビタミンC
 ビタミんCは非常に豊富で、キャベツの3倍。ビタミンCは水溶性なので茹でると減ってしまいますが、もともとブロッコリーにはたくさんのビタミンCが入っているので茹でても、かなりの量がまだ残っています。

100gのキャベツとブロッコリーのビタミンCを比べてみると・・・

 キャベツ(生) 41mg → (茹)17mg
 ブロッコリー(生) 120mg →(茹) 54mg
                 (7訂食品栄養成分表より)

ビタミンCは抗酸化作用があり、癌や風邪予防、老化防止に効果。鉄分の吸収を高めてくれます。

ブロッコリー 葉酸
 造血に不可欠。ビタミンB12とともに赤血球を作ります。
 胎児の正常な発育に必要なので、妊婦、授乳婦さんは特に必要です。

ブロッコリー ビタミンK
 骨を丈夫にし、出血時に血を止める役割があります。

その他にもカロテンやカリウム、カルシウムなど栄養成分たくさん含みます。

料理が楽ちん!スティックブロッコリーの巻いちゃう料理

冬に緑色の野菜が食卓に欲しいとなると、葉野菜が中心。
葉野菜って洗うのが特に面倒。無農薬で育てていると市販の野菜よりは虫さんに出会う確率高いので、神経質に洗いたい。でも水が冷たいですよね(>_<)

スティックブロッコリーなら洗うのもさっとでOK。皮をむく必要なし。切る必要もほとんどなし。茹でてもほんの数秒。火を通すと緑が鮮やかになるので料理が美味しく見えます。忙しい主婦には有り難い食材です。

料理法としては普通のブロッコリーと同じように料理に使えます。一般的にサラダ、炒め物、メイン料理の付け合せ、煮込み料理の彩り添えといったところでしょうか。

でも茎が長いので切らずにアスパラのような使い方でこの長い茎を活かしたい。ということで、ステッィクブロッコリーの長さを活かした巻いちゃう料理を2品紹介。

スティックブロッコリーの肉巻き
 豚肉のスライスをステッィクブロッコリーの茎の部分にクルクル巻いてフライパンで焼くだけ。

スティックブロッコリー豚肉巻き

甘辛く味を付けましたが、塩コショウだけ、カレー粉などのスパイスで味を付けてもOKですね。

スティックブロッコリーの前菜
 同じく茎に生ハムを巻いただけのものと、竹輪の穴に茎を刺したもの。 超簡単です(^^)v これを料理と呼んでいいのかどうか、、、。

スティックブロッコリー前菜

生ハムや竹輪の塩味だけで大丈夫ですがお好みで塩・こしょうなど加えてもOKです。

そしてここに!美味しいエキストラバージンオリーブオイルをかけるとさらに栄養価アップ♪
ブロッコリーのカロテンやビタミンE、ビタミンKなどの脂溶性ビタミンの吸収が良くなります!

私がスティックブロッコリーをおすすめするのは料理が簡単!だけでなく、とっても個人的なことですが、ブロッコリーの頭の部分よりも茎の方が断然好き♡なのです。
品種改良で茎の割合が多いスティックブロッコリーが登場してくれて嬉しいです。

まとめ

冬が旬のスティックブロッコリーはビタミンCなどの栄養価が高いので風邪予防には食べたい野菜です。しかも料理が簡単。彩り良し。冬の食卓に積極的にさせてはいかがでしょう。

無農薬野菜とオリーブオイル



Tag: 家庭菜園 無農薬野菜 スティックブロッコリー 抗酸化 ビタミンC エキストラバージンオリーブオイル


a:85 t:1 y:2