オリーブオイルが瓶から出てこない時の解決法!オリーブオイルの出し方

開栓したてのオリーブオイルが瓶から出てこなくて困ったことありませんか?

私自身困った経験があり、オリーブオイルの人気が高まっている昨今、海外から輸入されたオリーブオイルの種類が増えてきているので、きっと同じように困っている方がいるのではないかと思います。今回は瓶から出てこないオリーブオイルの出し方をお伝えします。

オリーブオイル出し方

目次

オリーブオイルが出てこないタイプはこれ!

出てこないとお困りタイプはオリーブオイルは蓋を開けると写真のような中栓があるタイプではないでしょうか。

オリーブオイルの出し方

安心してください。不良品ではありません。
ちゃんと出ます。コツは慌てて乱暴に振らないこと。

出し方はいたって簡単。瓶をかけたいものに向けて傾けます。そして軽く前後に振ると出てきます。すぐに出なくても、何度かやっていると出るので焦らずに。ここ大事!

オリーブオイルの出し方

やってしまいがちなのは、出てくるまでに時間がかかる場合があるのに、それを知らずに何度も激しく振ってしまうこと。それ私です。

このタイプの栓は品質を保つためにオイルが入っていないところが真空になっています。これを採用している生産者は、消費者に届くまでオリーブオイルを新鮮に保ちたいとう思いがあります。こだわりのある生産者さんと言ってもいいでしょう。

困った!オリーブオイルが出てこない私の体験

オリーブオイルに興味を持ち始めたころ、私はスペインに行く機会がありオリーブオイルを買って帰りました。

パンにつけて食べるため、うきうきしながら蓋を開けて、いざオリーブオイルをかけようと瓶を傾けたものの、あれ?出てこない!えいっ!振ってみるけどダメ。でも何度も振りました。結果、出て来ず。 

蓋を開けると日本では見たこともないプラスチックの栓がついています。もしかしたらこのプラスチックの中栓も取って使うのかも、、、と引っ張ってみる。でも取れそうもない。

これはスペイン仕様で特殊な栓抜きが必要だったのかもと思いました。でも買って帰らなかったし、必要ならオリーブオイルと一緒に販売されているでしょう。

仕方ない、カッターナイフで切ってみようと試みても硬くて無理。(絶対そんなことしないでくださいね。怪我します)食べる気満々だったし、このまま使えないなんて悲しい。そして調べました。

分かったこと!私の瓶の振る方向が違う。振り方も雑だったようです(^^;;。無事に美味しいオリーブオイルをパンと一緒に食べられました。
もう一つ分かったこと!自分がいかにせっかちだったか、でした。

蓋を開けたらこんなにある!オリーブオイルの中栓

あれからオリーブオイルについてい詳しくなりました。現在、我が家で開栓しているオリーブオイルです。

オリーブオイル出し方

蓋を取るとこんな感じ。

オリーブオイル出し方

中のプラスチック栓の形がいろいろなのが分かりますか?瓶によっていろいろです。どれを採用するかは生産者によって違います。品質のいいオリーブオイルを作っている生産者でもオイルが出てきやすいのもあるし、上記のようにすぐに出てこないものもあります。

例えばこんなふうに。下の4枚の写真のうち、左上のは出てこないタイプの中栓です。
オリーブオイル出し方 オリーブオイル出し方

オリーブオイル出し方 オリーブオイル出し方

さらに「えっ?」と思うことがありました。日本の製品ではありえないことが海外のものではよくあることかもしれません。
例えば上の写真の右下のオリーブオイル。使おうと思ったら中栓がない!!ってことがありました。
オリーブオイル出し方

実はちゃんとありました。蓋にくっついてしまったのです。もう一度しっかり蓋を閉めてから開けるとちゃんと中栓が瓶にくっついて、出しやすくなりました。

このオリーブオイルを使い始めた時、中のキャップ部分がないものだと思って使っていました。こういうのもあるのねと(笑)。ある時、蓋を開けると栓がついていたので、「え~っ!あったの!?」と驚きました。まるでマジックみたい。今でも中栓があったりなくなったりします(笑)

日本のスーパーでよく見るオリーブオイルにはオイルが出てこないなんてことはないと思います。イタリアやスペインのオリーブオイルを輸入して日本で瓶詰めしているのがほとんどですから。一度経験すると、なんてことないのですが、初めての時はびっくりしますね。

まとめ

オリーブオイルが出てこない時は焦らず、瓶をまず傾けて、前後に軽く振ってみましょう。

何度かやっているとそのうち出てきます。時間がかかる時もありますが、必ず出るので根気よく振りながら待ちましょう。でも油断すると急にたくさん出てきますので注意してくださいね。



a:52 t:1 y:0